PHGG情報センターはグアーガム分解物についての情報をお届けします

PHGG情報センター > 腸の栄養素 記事一覧 > 腸内に欠かせない短鎖脂肪酸

腸内に欠かせない短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸とは、ヒトの大腸内で水溶性食物繊維やオリゴ糖などが腸内細菌により発酵分解されて生じる酸性の物質です。短鎖脂肪酸は、腸内を弱酸性にして有用菌が優勢な環境にしたり、大腸の蠕動運動を促したりしています。その他にも、水やミネラルの吸収を助ける働きや、大腸上皮細胞を増殖させる働きなどがあり、腸の健康にとっては欠かせないものです。