PHGG情報センターはグアーガム分解物についての情報をお届けします

PHGG情報センター > 学術資料 記事一覧 > 便通改善② > 便通異常を合併したNST介入症例に対するグァーガム分解物を用いたシンバイオティクス療法

便通異常を合併したNST介入症例に対するグァーガム分解物を用いたシンバイオティクス療法

●症例
難治性下痢などの便通異常患者: 12人(経腸栄養下痢: 7人, 慢性GVHDによる難治性下痢: 2人, 膠原病にともなう便通異常(便秘)・ 腹部膨満感 ・ 下痢): 3人)
*NST介入日数: 63~52.1(8-168)日
**ブリストル便性状スケール(参考: 泥状便: 6点,普通便:4点)
●方法
シンバイオティクス
(1)プロパイオティクス:ビフィズス菌末 1-2包
(2)プレバイオティクス:PHGG6g×2包/日 or サイリウム2包/日orグルタミン製剤 3包/日
  NST*
介入前 介入後
排便回数(回) 6.5 1.1
便性状(点)** 6.6 4.7
血清アルブミン(mg/dl) 2.7 3.0
C反応性タンパク質(CRP,mg/dl) 3.1 1.6

第27回日本静脈経腸栄養学会抄録集 p. 241, 演題番号: S3-01(2012)参照